チャイメリカ

連休初日は三軒茶屋で観劇。

天安門事件を題材にイギリス人女性が書いた戯曲「チャイメリカ」。
中国とアメリカの過去と現代を行き来するストーリーに謎解き要素も入ってなかなかの重量級です。

自由や誇り、生きる目的など考えさせられる点が多い話。ヘビーだけど展開は面白かった!

画像



社会派の作品はこんな機会でもないと観ないので新鮮でした。

天安門とその時代のアメリカ政権など、軽く予習して行った甲斐はありました。
初見でもわかるように作っているけど、知識があるとより楽しめるんだなーというのも新たな発見。


複数回通う予定なので、次は違った視点で観られるかしら。

雑誌「悲劇喜劇」で脚本が公開されているので買いました。
アメリカンジョークがよくわからなかったりするので、それを消化していくとまた楽しめそうだな。



  

"チャイメリカ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント