No.9 不滅の旋律

白井晃演出 『No.9 不滅の旋律』 を鑑賞。
赤坂actシアター久しぶり!


舞台の上には傲慢で身勝手で天才でピュアでエキセントリックなベートーヴェンがいました。
役者稲垣吾郎すごい。
こんな熱量で芝居する人だとは思わなかった。

画像


キャストがえらい声いいなーと思ったら皆オペラ歌手だったり、両サイドでピアニストが生演奏してくれたりと、音楽的にも大変豪華でした。
第九合唱には鳥肌立ったわー


さすが再演するだけあります。
いい舞台でした。行って良かった!



    

この記事へのコメント

にーな
2018年11月21日 12:52
お久しぶりです!
No.9って中島かずき脚本だよね。
私は「広島に原爆を落とす日」の暑苦しいゴローちゃんで想像させてもらいました。…これ、いのうえひでのり演出だった。
一輝兄さんも観てるのを、ここに自慢させてもらうおw

また舞台話いっぱいしようね!
kico
2018年11月21日 13:44
わお!にーなさんコメント嬉しい!
そうそう中島脚本よ。知らずに取ってびっくりしたw
芸術家ごろちはエキセントリックだけど優雅で美しかったよ。さすが貴族ww

そしてフェニックス一輝!
それは自慢していい笑笑

また美味しいお酒のみつつトークしよね♡
わたし2月は三茶通いだv